ブランド

MENUメニュー

取扱ブランド一覧
  • Takuro Usui
  • ジャッカロープブログ

郊外の海沿いにある、隠れ家のような店。
大きなドアを開けると、吹き抜けの高い天井と木のフローリング、
そして、一つ一つ大切にディスプレイされた服や雑貨たち。
街中の店とは違い、店内は落ち着ける雰囲気で、試着やコーディネイト、
スタイリングの相談など、ゆっくりと楽しんでいただける空間となっています。
JACKA LOPEでぜひ、新しい発見・コーディネイトを楽しんでください。

  • ANREALAGE(アンリアレイジ)
    日常(A REAL)と非日常(UNREAL)。 デザイナー森永邦彦の創造性豊かなコレクション。パッチワークやドライフラワー入り樹脂など、繊細な技術が詰まったアイテム。かっこいい、かわいい、性別の垣根を越えた男女共に楽しめる服を展開します。
  • AURALEE
    AURALEE(オーラリー)
    オーラリーは、カットソー、ニット、布帛にわたり、素材作りからデザインと考え、高い技術に裏打ちされた日本屈指の生産背景で作り込んだ素材にこだわる。そんな素材それぞれの個性を十分に活かし、決して気取らず、毎日着ることに適した、上質な軽さを感じられる洋服を提案する。
  • Baxter of California(バクスター・オブ・カリフォルニア)
    グルーミング=身だしなみを整え、自分を磨くこと。“Baxter”はメンズグルーミングだけを40年間研究してきたアメリカ発の男性美容ブランドです。
  • Birth(バース)
    MAISON Birthはファッション・ライフスタイルの幅を広げる帽子ブランドです。
    “新しい自分に出会える。いつもと違う自分になれる。もっと自分を楽しもう。”というコンセプトのもと、日常で使いやすいデザインに遊び心をプラスした帽子を展開しています。
  • Black Mouton(ブラックムートン)
    パーティにも、日常着にもシフトできる、大人の女性のライフスタイルにリアルなアイテムを展開する “Black Mouton”。
  • Buddy Optical(バディオプティカル)
    気心の知れた仲間や、相棒のような存在であること、 そしてライフスタイルの中に自然とある「ワードローブ」のような存在であること。 これらの条件を満たす最良のレンズの選定、フレームのデザインをもとに日本国内で作られる、それが Buddy Optical の眼鏡です。
  • CASUCA(カスカ)
    可憐なのにクール。密やかなのに印象的。 肌に寄り添うようになじみながらも美妙な存在感をしめすC A S U C Aのジュエリー。
  • DENHAM(デンハム)
    オランダから来たビンテージデザインが中心のデニムブランド“DENHAM”。
  • ED ROBERT JUDSON
    ED ROBERT JUDSON(エドロバートジャドゾン)
    “日常の物事をヒントに架空の職人が生み出すアイディアツール”
    ED ROBERT JUDSONはオリジナリティを追求するために素材、仕様、作業プロセスに至るまで独創的なアイディアを探し続けます。思わず触りたくなる様な仕掛けを用いて、手にした人の感性を広げる為のプロジェクトです。
  • .efiLevol(エフィレボル)
    2006年4月始動した、人の中に必ず存在する“愛”に焦点を当てた「.efiLevol (エフィレボル)」
    ドレス、ミリタリー、トラッド等の完成されたベーシックを、ジャンルレスにデザインし、エフィレボル独自の思想・視点から生まれた服作りを提案。
  • ELEY KISHIMOTO(イーリー キシモト)
    「STYLE over FASHION(トレンド/ファッションに囚われないスタイル)」というコンセプトのもと、東京を拠点に2007年にスタートしたファッションブランド。
  • giraffe(ジラフ)
    代官山のネクタイ専門ブランド“giraffe”。
    ネクタイ・蝶ネクタイをメインに、様々なシーンに合わせたシャツ・ジャケットとの組み合わせを提案しています。
  • Kaptain Sunshine
    Kaptain Sunshine(キャプテン サンシャイン)
    シーメンのタフで凛々しいユニフォーム“KAPTAIN” 目的を持ったディティールで贅沢に、かつソリッドに構成されたフィールド・ウェア“SUNSHINE”
    往年のアメリカ製品に影響を受けながら、日本のファクトリーが持つ粋な生地とこだわりの縫製を融合した男服作りを目指すメンズレーベル。
  • LE_BAS
    LE_BAS(ル_バス)
    ブランド名 LE_BAS は、ブエノスアイレスが由来。
    LE_BASは高品質の商品を作りたいと願っており、ディテールやシンプルさを愛しています。
    あらゆる面でデザインと製造に慎重に取り組み、パーフェクトなバッグを目指しています。
  • LORINZA(ロリンザ)
    LORINZA 最高品質かつ機能美を感じさせる妥協を許さない縫製技術を貫き、日本の高いデザイン性とクラフトマンシップを信念に、人に長く愛されるもの作りをし続けている。
  • MAINTENANT(メンテナント)
    メンテナントは、クラッシックなものやヴィンテージの服からインスピレーションを受け、1980年代をベースとした丸みを帯びたモダンなシルエットを現代的にアップデート。そこにストリート感をミックスさせたスタイルを提案する。
  • MASTER&Co.(マスター・アンドコ)
    流行に流されず、それぞれの人にとって唯一の物になるアイテム作りをしているユニセックスブランド“MASTER&Co.”。
  • my panda(マイパンダ)
    “カワイイ”をコンセプトとしたドメスティックブランド。“panda”の名の通り、すべてツートーンのデザイン。
  • niuhans
    niuhans(ニュアンス)
    「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」天然の染料、素材にこだわったシンプルでクリーンな日常着を提案しているブランドです。人種・性別・年齢・職業等を問わず、世界中の人々の生活環境にフィットする服作りをしています。
  • NOWHAW(ノウハウ)
    パジャマによる「新しく思いがけない驚きのある休日と世界」を過ごす為のノウハウ。
    "インテリア(空間)"、"ファッション(スタイル)"、"アート(表現)"の要素を「寝心地最優先」という信念の元、パジャマに落とし込んだブランド。
  • note & book ltd.(ノートアンドブック)
    CABINETデザイナーである TOMOKO YAMANAKA による待望のメンズブランド。
    英国産の着やすく、上質なニットコレクション。
    ニットに精通したデザイナーだけに、シンプルなデザインに上質な素材を使用し、ディテールにこだわりを感じるブランドです。
  • Old Curiosity Shop(オールド・キュリオシティ・ショップ)
    1992年、デザイナーの木村大太がロンドンを拠点に設立したシューズブランド。
  • Paraboot(パラブーツ)
    「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」
    Parabootは、レミー・リシャールポンヴェールが1919年、アメリカ滞在から1足のラバーで覆われたブーツと共に帰国したことがきっかけで発足したシューズブランドです。
  • Phlannel
    Phlannel(フランネル)
    日本の繊細な美意識と確かな技術の上で「美しい服・受け継がれる服」を求める。それは心地よい日常の服であり、着る喜びに包まれる特別な服でもある。あらゆる要素を足し引きし、今の空気感をまとい、時を越える魅力を持つ。そして、着る人と共に育まれてゆく服でありたい。
  • SEIL MARSCHALL
    SEIL MARSCHALL(サイルマーシャル)
    サイル マーシャルは1896年にドイツで設立されました。以来家族経営を続け、現在は4代目となります。最初はロープの生産からスタートし、100年以上経過した現在では、ロープはもとより洋服、靴、カバン、テント、などの製品も生産しています。全ての商品は、ドイツの自社工場で100%ハンドメイドされています。
  • Scye(サイ)
    クラシカルな英国トラッドをコンテンポラリーな解釈で再構築。クラシックとモダンを融合させた新しいスタイルを提案するブランド。
  • THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)
    ニューヨーク発のハイセンスでエコロジーなファブリックケアブランド“THE LAUNDRESS”。
  • tim.
    tim.(ティム)
    テキスタイルとクオリティにこだわり、素材の持つ個性を活かしたデザインで、ノーブルでありながらもどこか力の抜けた、温もりや優しさを感じるスタイルを提案。
  • WISLOM(ウィズロム)
    素材にまつわる特性や可能性を常に探究し、唯一無二のテキスタイルを開発・提供することを生業とする「実験的なLABブランド」。衣服を形成する上で欠かせないパートが織り交ぜ合うことで生まれる相対性を反映した商品開発を目指す。
  • Import(インポート・その他)
    ジャッカロープがセレクトしたその他のインポートブランドをご紹介します。 ここにしかない掘り出し物に出会えるかも!?